潰瘍性大腸炎術後の回腸嚢炎の記録

2005年に潰瘍性大腸炎発症。2007年に大腸全摘術施行。潰瘍性大腸炎術後の患者が2018年回腸嚢炎になり、自分への戒めを含めての記録。潰瘍性大腸炎の記録、回腸嚢炎の症状・治療、そして経過を日付ごとに記録。自分の備忘録として、そして似た症状の人への参考になるようなブログになればいいなと思っています。たまに婚活やお金に関わることも載せていきます。

レミケード2回目その後

レミケード2回目をして、今週…

正直、体調はよく有りませんでした。

 

具体的には倦怠感。

仕事も午前中は大丈夫なのですが、午後からは体が重たくなって(表現が難しいけど腸が重たい?)、早退したりしてました。

何より朝起きるのが辛かったです。

 

あと、嘔吐かな。

吐き気があるわけじゃなく、不意にゴボッと出てくることが数回ありました。

 

さらにレミケード3日後には激しい下痢が。

といっても潰瘍性大腸炎を経験している&豊富な経験をしている自分から考えると慌てる必要のない程度の下痢でした。

ただ、症状としてはなかったけど思っていたより激しい下痢で、体調もそこそこ悪かったです。

その後はそれなりの体調を維持してますが。

 

副作用?もあり、朝から辛いこともありましたが、生活のリズムを整えるためにも、最低午前中の仕事には行ってました。

もちろん、フルで休むと自分へのしっぺ返しがあるので(笑)

少しずつ、体調戻したいです。

 

なにより来週は絶対外せない出張があるので。

 

 にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村